iPhoneやAndroidスマホに最適!CIOのケーブル付きモバイルバッテリーをレビュー!

ケイディ

こんにちは、ケイディです!
本日は久々にガジェットについて。
12月に入り忘年会シーズンもやってきてお出かけの頻度が増えてきたのではないでしょうか?そんなお出かけシーズンのお供に最適なモバイルバッテリーについてまとめました!

ということでみなさんは普段モバイルバッテリーを使っていますか?

恐らく今の時代はスマホと同じくらいモバイルバッテリーを持つことも当たり前になってきていると思います。

ただ、種類が沢山あってどれにしようか悩むことがありますよね。

そんな方向けにとりあえず1台持っておけばOKなモバイルバッテリーをついにGETしたので紹介します。

それがこちら「CIO SMARTCOBY Pro CABLE」です。

・ケーブル付きなので持ち物が減る
・ケーブルはタイプCかライトニングか選択できる
・ケーブル単体の購入も可能なため、ケーブルが壊れても取り替えできる
・バッテリー残量がディスプレイに表示されるため便利
・10,000mAhの大容量
・小さくてコンパクト
・見た目が格好良い

と、いう感じでこれまで5台以上バッテリーを使ってきた僕の中で最適解と呼べるバッテリーになるので、参考になれば嬉しいです。

それでは参りましょう!

開封

今回もまずは開封から。

ケイディ

パッケージが良いガジェットやものが多いので開封作業が楽しくてたまらない

CIOのイメージカラーのパープルが良い!

箱の中身はこんな感じ

・キャンペーン情報
・取扱説明書
・本体

が入っていました。

早速本体を手に取ってみるとシボ加工がとにかく良い!

指紋がつきにくく汚れにくいので最高。

スペック

続いてスペック

今回僕が購入したものの特徴はざっくりいうと下記。

・10,000mAh
・タイプCケーブルモデル
・ブラック

Amazonページにまとまっているスペックは下記です。こちらは参考までに。

Amazonページ

商品ページ上の重さは約198gでしたが、実際に測ってみるとぴったり約198gでした。

かなり軽い!

10,000mAhというと、iPhoneだとフル充電を2回できるくらいの容量になるみたいです。

正直この辺りは詳しくないですが、ガジェット界隈でよく言われている情報なのでそうなんだと納得しています。笑

タイプCポートが1つあり

本体にはバッテリーを充電したり、コードを接続してモバイルバッテリーとして使用したりすることができるタイプCのポートがあります。

ポート内部が紫なのが格好良いですね。

ちなみにパススルー充電にも対応しているので、バッテリー充電を行いつつ接続したデバイスの充電も可能です。

付属のタイプCケーブルについて

本体に付属しているケーブルは11.8cmと短め(端子部分から根元まで)。

ただ、短いおかげでコードが絡まることもなく小さな本体にしっかり収納ができるので良いです。

タイプCを選択した理由

少々余談ですが、今回タイプCを選択した理由についても書いておきます。

・使用デバイスのほとんどがタイプCだから
・iPhoneはライトニングだが、今後タイプCのモノに買い換える可能性が高いから
・汎用性の高さ

基本的には1つ目の理由が全てです。

iPad mini 6、イヤホン、カメラ、PCと普段よく使うデバイスの充電端子はタイプCになります。

iPhoneだけ僕は13 miniを使用しているのでライトニングになりますが、MagSafeで充電するのでタイプCケーブルで対応が可能。

となるとライトニング版を買う必要はないと思いタイプCにしました。

余談ですが、iPhone 14以前の人(特にMagSafe対応機種使用中の方)には下記充電器もおすすめです。(タイプCケーブルを接続することでMagSafe充電できるので、ライトニングケーブルが不要となります。何よりもすごくコンパクトで持ち運びも楽!)

使ってみて良かったところ

続いて良かったところについて。今回は4つ挙げたいと思います。

バッテリー本体の充電が楽

モバイルバッテリーを使用する上でバッテリー本体の充電を楽に行えるかどうかはすごく重要な要素になりますよね。

かくいう僕もこの点は重視していて、1つ前のバッテリーはプラグ付きのものを使用していました。

使用したらそのまま本体をコンセントに挿すだけで充電ができるためです。

今回購入したSmart Coby Pro Cableにはプラグは付いていませんがタイプCケーブルが内蔵されているため、そのままタイプCポートがついた充電器に差し込むだけで充電ができるのでプラグ付きバッテリーと同じくらい楽です。

また、バッテリー本体にタイプCポートがあるので例えば他のデバイスを充電するときに使用するタイプCケーブルを差し込んで充電も可能です。(枕元に設置しているタイプCケーブルに差し込んで充電することが多め)

僕は後者のやり方で充電することが多いですが、ストレスを感じることなく楽に行えるので気に入っています。

バッテリーの残量が分かる

2点目はバッテリー残量をディスプレイで確認できる点です。

大体のモバイルバッテリーは残量表示はライトのみで行うものが多いですが、あれだと実際にどのくらい残っていてあと何回くらい充電できそうか考えるのは難しいですよね。

その点このバッテリーはディスプレイに残量が表示されるので良いです。

ディスプレイにはフィルムが付いています。傷つけたくなくてまだ剥がしていないです。

バッテリーやデバイスを充電しているときは緑のランプが点きます。

ケーブル付きなので持ち物が1つ減る

3つ目はケーブルレスな点です。

何度も登場していますが写真の通りケーブルが備わっているのでモバイルバッテリーとケーブルの両方を持っていく必要がありません。

ちなみにこのケーブルが壊れた場合は、ケーブル部分だけを購入することができるのでバッテリー本体が壊れない限り繰り返し使えそう。

小さくてコンパクトなのにパワフル

手のひらサイズなのに10,000mAhとかなりパワーがあります。

iPadやカメラ、iPhoneを充電する分には十分過ぎるスペックですね!

手でバッテリーを持ってみるとこんな感じ。

このサイズなら小さいカバンやポケットにも入るので良いですよね。

気になった点

最後に気になった点についてですが、正直今のところそこまでネガな要素が多くないのであまり参考にならなかったら申し訳ありません、、、

価格が高め

Amazonだと定価が6,578円でセール価格が安い場合で5,000円〜4,990円程度になるのでそこそこ高めです。

ケーブル付き・10,000mAhである点を考慮すると妥当な価格設定ですが、そこまでこだわりがない方にとっては高めのバッテリーになるかと思います。

僕はAmazon Black Fridayのときに5,000円以下で購入できたのでラッキーでしたが、値段が気になるけどどうしても欲しいという方はセールイベントまで待ってみるのも手かと思います。

個人的には高いお金を払っても買う価値のあるバッテリーだと思っているので、在庫があるうちにお悩み中の方はポチってしまうことを推奨します。

付属ケーブルの着脱を行いづらい

付属のケーブルを取り外す頻度は高くなく、壊れたときくらいだと思いますが、着脱は行いづらいです。

わりかし力を入れて引っこ抜く必要があるので、この点はもう少し着脱しやすいと良いなと思いました。

右側のパーツがケーブルの根本。ここを外すのが結構大変・・

まとめ

今日はCIOのSMARTCOBY Pro CABLEについてまとめてみました。

これからの時期、忘年会や年末年始のイベントでお出かけすることが多いと思いますので、ぜひ今のうちにモバイルバッテリーを調達しておきましょう!

自分が気に入っている格好良いバッテリーを1つ持っているとテンションも上がりますよ

・バッテリー本体の充電が楽
・バッテリーの残量が分かる
・ケーブル付きなので持ち物が1つ減る
・小さくてコンパクトなのにパワフル

ちなみに本ブログではモバイルバッテリーについて他にもいくつか紹介しているものがございますのでぜひ合わせて読んで頂けたら嬉しいです。

個人的には今回まとめたCIOのSMARTCOBY Pro CABLEが優勝です!

それではまた次回の記事でお会いしましょう〜

※本ブログではAmazonアソシエイトリンクを使用しております。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

KEYD(ケイディ)のアバター KEYD(ケイディ) Gadget & Mono Blogger

90年代生まれ 都内在住。
IT企業の会社員の傍らガジェットやモノ、旅行、サウナ等を中心にマイペースにブログを更新しています。
読者の皆様に楽しんでもらえるようなブログを作っていきます!

コメント

コメントする

目次